葉巻の楽しみ方

【1.CUTTING】

シガーの喫味は、カットによって左右されます。ヘッド(吸い口)部のカット面が大きいほど“薄く”なり、小さいほど“濃く”なります。
フラットヘッドの場合、深さは2~3mm程度が標準です。

CUTTINGイメージ

【2.LIGHTING】

炎に含まれる臭いがシガーの風味を損なうので、マッチは炎が軸に移ってから着火しましょう。ライターは臭いの強いオイルは避け、トーチライターやガスライターを使用しましょう。炎の先端から1cm程度離れたところにシガーのフット(着火)部を近づけ、シガーをゆっくり回して炙り、フット表面全体をまんべんなく炭化させたのち、均等に燃えるように火をつけましょう。

LIGHTINGイメージ

【3.SMOKING】

煙は肺に吸い込まず、ストローでジュースを飲みこまず口に含む要領で、ゆっくり含んでください。シガーの味わいを口内で楽しみ、ゆっくり吐き出し香りを楽しんでください。また、先端にできる灰は、シガレットのように頻繁に落とさず、2cmを目安に灰皿に落としましょう。

SMOKINGイメージ

【4.STORING】

自己保管される場合、湿度を一定に保つことができるヒュミドールで保管するのが最適です。湿度70±2%、温度20±2℃が最適といわれています。温度が安定した場所で毎日状態を確認するのがベストです。また、加湿には一定の湿度を保つことができる「ヒュミディパック」などを利用するのが良いでしょう。

STORINGイメージ